カテゴリー
ローバーミニ中古車販売 ニューミニ&WORLD中古車販売 英国雑貨&小物販売&英国風スタイル
ローバーミニパーツ販売 ニューミニ&WORLDパーツ販売 クルマの書籍・雑誌販売
メンテナンス・車検・保険など ツーリング情報&ハッピーミニライフ マスコミ情報
店長のきままなブログ インフォメーション(会社案内) ガレージフジックス・オート TOP

No.4
ミニの故郷イギリスを知ってみる~その1 
  


ミニとの楽しい付き合い方のひとつに、ミニの生まれ故郷のイギリスのことをたくさん知ってみる
というのも楽しいことですね。

まずは、イギリスの基本情報です。
私たちが呼んでいるイギリスの正式名称は、
「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」
イギリスは、
イングランド 
スコットランド 
ウェールズ 
北アイルランド
から構成されいます。
英語では、
「the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」

UKと言われるのは、このUnited Kingdom
から
そしてGBと言われるのは、
Great Britain
の略ということです。


英語以外での正式国名が、それぞれあるようで、
●スコットランド・ゲール語
An Rìoghachd Aonaichte na Breatainn Mhòr agus Eirinn mu Thuath
●ウエールズ語
Teyrnas Gyfunol Prydain Fawr a Gogledd Iwerddon
●アイルランド語
Ríocht Aontaithe na Breataine Móire agus Tuaisceart na hÉireann
●スコットランド語
Unitit Kinrick o Great Breetain an Northren Ireland

ウエールズでは、ウエールズ語も公用語ということですから、
スコットランドは、スコットランドポンドもイギリスポンドとは別にあり、
それぞれの国旗も国花も設定されており、
イギリスならではを感じます。


・首都:ロンドン
・国王:エリザベス2世
・面積:約244,820km2(日本の約2/3)
・人口:約60,270,708人(2006年統計)
・通貨:ポンド
・国際電話番号:44
・最高峰:ベン・ネヴィス山(スコットランド) 
      標高 1343 m
      ウエールズのスノードン山は1085m

島国:本土も入れ、大小あわせて約1098の島々がある

・国花:
   イングランド:バラ"
   ウェールズ:ラッパズイセン(スイセンの1種。)
   北アイルランド:シャムロック
   スコットランド:アザミ
国旗
ユニオンジャックUnion Jackは


イングランドの
セントジョージクロス旗St. George's Cross


スコットランドの
セントアンドリュークロス旗St. Andrew's Cross


北アイルランドの
セントパトリック旗St. Patric


が合体となっています。

ウエールズは
レッドドラゴン旗RED DRAGON ですが、

早くからイングランドに合併されていたので、
ユニオンジャックには含まれいません。

今のイギリスができるまでには、
紛争もあわせて、長い歴史があるわけですね。


日本と同じで島国のそして歴史も古いイギリス。
どんなところに魅力を感じるのでしょうか?
古いものを壊そうとせずに古いものを残しながら、

そして新しいものも取り入いれるイギリス。

たとえば、中世の面影を残したまま、
現代の人が住んでいる。
室内はコツコツ住人がDIYでリフォームされて。



古い家のほうが価値があるとか、
街並みを保存していく法律があったり
そう、日本では突然高いビルが建ったり
奇抜な建物が出来たり
その街並みと異質?と思われる
日本ではそれもまたいいかもしれませんが、
イギリスの街並みはそれを許さない、
あの古い街並みは
法で守られているということなのですね。

自然をそのまま残して、
大切にしながら生活をしている。
都市の中でも憩いの場所のように、
たくさんの緑の場所がありますよね。

それにあんなに広い田園に、
日本だったら何かを作ってビジネスにしそうな
そんな自然地域がたくさん残っているわけですね。

そんな田園風景が、
とってもノスタルジックで、
きっと人の心の奥底にじーんと残っていくのがイギリスなのかな?

ミュージアムの入場料がフリーというのも魅了です。
いい芸術をいつでも気兼ねなく見れるということは、
やっぱり人の芸術性が育っていくものなのでしょうね。

そんなイギリスを知ってみると
古いものをいつまでも大切にという心が
ミニを楽しむ気持ちがさらに深まりそうです。







TOP